英語教材ランキング

英会話の勉強方法や役立つ英語教材など、英語学習に関わる情報掲載。英会話トレーニングやTOEIC、人気ランキングも紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

英会話との出会い

私と英会話の出会いは高校生の頃です。もともと日本の音楽、いわゆる邦楽が嫌いで、外国のロックミュージックを聴いてばかりいましたが、その頃から毎日洋楽を聞いていたせいもあり、いつしか英語を口ずさめるようになったのは確かです。とはいっても実際の英会話と音楽のメロディに合わせて謳う英語とでは違うのですが、ともかく高校時代に英語特有のリズムを覚えることが出来たのは確かです。
第二の英語との出会いは大学生になってから。私は大の読書好きで大学にも通わず家で文学に浮かれていました。はじめは村上春樹、そのうち三島由紀夫などに行き着き、最終的には音楽同様に日本文学が嫌いになり海外の外国語文学を邦訳で読むようになったのです。とはいっても英語限定というのではなく、イギリス・アメリカはもちろん、ロシアやフランス、ドイツまで幅広い海外文学を読み漁りました(なかでもドストエフスキーがすきなのですが)
で、海外文学を読むうちに原文に興味を持ったのです。この小説は英語ではどう書かれているのだろう?と興味を持ち、辞書を片手に独自で翻訳を進めるようになりました。英文法の正しい知識なんてなかったから、ともかく体当たりの英語翻訳でしたが、それなりに感触はつかめたのです。
誰にでもこのように英語や英会話との出会いがあるはずです。
 

スポンサーサイト

PageTop

レディオヘッド(英語・洋楽)

私の好きなイギリスのロックバンドにレディオヘッドというミュージックグループがいます。私が英語の音楽(洋楽)を好きになったきっかけを与えてくれたバンドで、彼らのパラノイド・アンドロイドという曲のかっこよさに圧倒されて以来、発売と同時にアルバムを買うお気に入りバンドの1つです。
イギリスではどうも孤高の存在みたいな立場になっており、オアシスだとかとは仲が悪いようです。といってもオアシスと仲が良いバンドはあまり知りませんが(笑
去年発売されたイン・レインボウズは中々の傑作でしたね。私はOKコンピューターとキッドAが彼らの最高傑作だと思っていますが、キッドA以降はどうも小粒化してしまった感があります。
 

PageTop

ビートルズの後継者

洋楽の王様的存在なビートルズですが私は好きではありません。というか、ビートルズが好きではないわけではなくて、ビートルズはすごい!ビートルズは最高!という全面肯定的な空気が嫌いなんですね。英語の歌を聴くきっかけにもなったレディオヘットも似たような空気を纏っていますが。ところで、ビートルズの後継者ってどんなバンドでしょうか。日本ではオアシスとかが「現代のビートルズ」みたいに言われていますが、あれはただ単に初期のメロディーが似てたからなんだと思っています。まぁ、これもどうでもいいか。それでもビートルズやイギリスの音楽史は英語教材や英会話の通信講座でも頻繁に話題に上げられるので、覚えておいて損はありませんヨ。
 

PageTop

ザ・スミスの英語歌詞

英語の歌で個人的に好きなのがザ・スミスというバンドです。これは80年代のイギリスミュージシャンなのですが、その英語で書かれた歌詞が文学的でとても秀逸なんですね。中でも代表曲に「ゼアイズアライト」がありますが、この歌詞の「ダブルレッカーバスが突っ込んできて、2人一緒に死ねたらこれ以上の幸せはない」というくだりがとても好きです。メロディ作曲担当はジョン・マーというギタリストですが、ボーカルのモリッシーとの音楽性の相違からバンドは解散してしまいました。モリッシーは今でもソロで音楽活動をしていますが、個人的には聞けたものではありません。やはいスミスです。
 

PageTop

魅力的な英語教材を探した

有名な英語教材といったらスピードラーニングやイングリッシュアドベンチャー、まはたアルクのヒアリングマラソンなどが挙げられますが、今回はちょっとマニアックな英会話教材を紹介です。
 
UDA30音トレーニング
DVDを使った英語発音レッスンが出来る英会話教材。価格も安く、少しずつ正しい英会話の発音を身に着けたい人にお勧め。
 
スギーズ英語学習
スギーズという人が英語発音や英文法を、少し変わった独創的なやり方で教えてくれる英語教材。価格も1万円前後と比較的安心して購入できる範囲です。
 
英語教材キッズ
このブログでは、英語教材の紹介を基本としていますが、世間では滅多にお目にかかれないような英会話教材の発掘も出来たら良いと思っています。乞うご期待です。
 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。